パパ活で得たお金には税金がかかるのでしょうか?

パパ活で得たお金には税金がかかるのでしょうか?
効率よく高収入を稼ぐことができるパパ活ですが、パパからもらったお手当は課税対象になります。黙っていればバレないと思う女性も多いでしょうが、それは脱税行為です。発覚すれば相応のペナルティとして追徴課税が課せられるため、法に則った対応が必要になります。

お金をもらうと贈与税がかかる

個人から財産を受け渡されることでかかるのが贈与税、パパ活でかかる税金はこれに該当します。対象となるのは1月1日から12月31日までで、1人がもらった財産の総額が110万円を超える場合です。頻繁にパパ活しているとあっという間に超えてしまいますし、もらった物品の金額も含められる場合があるので気をつけましょう。
これを超えないようにすれば税金はかかりませんが、超えた場合には忘れずに確定申告を行わなければなりません。

副業としてのパパ活なら所得税課税対象

パパ活以外にお仕事でお給料を得ている場合には副業扱いとなり、年間で20万円を超えたら課税対象です。会社で年末調整をしますが、副業で得た分は含まれていないため自身で納税が必要になります。
単なるパパ活なのにと思うでしょうが、お金をもらったことには違いありません。

所得として見た場合には経費で節税対策できる

パパ活で得たお金を副業収入とした場合には、パパ活時にかかった経費を収入から差し引くことで課税対象となる所得を減らすことが可能です。
交通費や洋服代、美容代なども対象となるため、レシートはできるだけ取っておくようにしましょう。

関連記事

パパ活の顔合わせて注意するポイントはありますか?

パパ活の顔合わせて注意するポイントはありますか?

パパ活をするときにおすすめの服装ってありますか?

パパ活をするときにおすすめの服装ってありますか?

パパ活に役立つ魅力的な写真を撮るコツは?

パパ活に役立つ魅力的な写真を撮るコツは?